2011年05月29日

パターンオーダーのシューツリー

更新の期間があいてしまいました。

ごめんなさい。



2週間ほど前からダラダラと風邪をひいていまして

治ってきたかなーと思ったらぶり返したりなんかして

とうとう一昨日の夕方から熱がでて寝込んでいました。


やはり調子の悪い時はしっかり静養しないと長引いていけませんです。

わかっちゃいるのにってね。



本日より復活しましたので、またよろしくお願いします。




ということで、

「おい、ホントに準備してんのかよ!」と、突っ込まれてしまいそうな

συναντω のパタンオーダーに関しまして。



すみません、まだ準備中ですが少しずつ確実に進んでいます。


あと少しのフィッティングサンプルと

あといくつかのデザインサンプルが揃えばというところまできましたので


やっと先の見通しが立ってきましたかね?




そんな中、ちょっとシューツリーについて


συναντω の注文靴はお客様の木型から起こした専用の3分割ツリーが付いていますが



パターンオーダーでは

パターンオーダーの木型から起こした専用の3分割シューツリーが付きます。(今は予定としておきましょうか)


「ツリーなんかいっぱい持ってるからパターンオーダーのツリーは要らないよ。」という方は

その旨おっしゃっていただければ、ツリー分お値引きです。(こちらも予定としておきましょうか)



で、どんなツリーでしょうか?

こんな感じに仕上げますというのをご覧いただきましょう




ツリーは木型のまんまの形を木でおこして

それをツリー用に3分割してもらっています


今回、僕がやったのはそれ以降の作業ですね



デザインサンプルの靴は3Eの25cmで作っていますので

ツリーも3Eの25cmでお願いしてあったんです


そのまま入れてみたらどんな感じかなって


なんと、そのままの3分割の状態では靴の中に入っていかないんです


同じサイズなのに、不思議。



もしか25.5cmで作っちゃったんじゃないの〜


サイズは間違ってませんでした。


要は、ツリーはツリーとしての加工をしないとダメなのです



パタンツリー.JPGパタンツリー (2).JPG
これはそのままの頭の部分

底部が丸みを帯びていますよね



このままだと靴にピッタリすぎるので

底部の丸みを削って凹ませてあげます


パタンツリー (3).JPGパタンツリー (4).JPG
ちょっとわかりにくいですが

底部を凹むところまでなめらかに削りました

横からの画像でだいぶ平らに見えますよね




つぎは真ん中のパーツ
パタンツリー (5).JPG
これはそのままだと外側になる部分が出っ張りすぎてて

履き口につかえて入っていきません



ですから
パタンツリー (6).JPG
外側を丸く小さく削ってやります




最後、お尻の部分
パタンツリー (7).JPG
はい、お尻はこんなに角ばっていては美しくないですし

また履き口につかえてしまいますね




パタンツリー (8).JPG
やっぱりお尻は丸くつるんとしていませんと





これ木材ですから手作業だけでは全然はかどりません


靴製造屋ですからフィニッシャーもありますよ
パタンツリー (9).JPG
ギャーッと粗いペーパーで粗削りを施して




最後は手作業で全面を滑らかに仕上げていきます
パタンツリー (10).JPG
お尻ばっかり念入りにやってるわけじゃありませんので






パタンツリー (11).JPG

このあと電動ドリルで穴を開けたり

συναντω ネームをつけたり

ちょこちょこ作業は残ってますけどおおまかにこんな感じですね。







でも今回のツリーとしての加工作業は

木型をそのままおこしてもらっちゃったので必要となりましたが



シューツリー専用の型を作ってそれをサイズ展開すれば

精度も上がって手間もだいぶ省けますのでこれからはその方法でやっていきます。










συναντω のパターンオーダー、幻ではありませんのでもう少々お待ち下さいませ。

担当 根岸
posted by sinando at 18:12| συναντω(sinando)