2012年08月30日

丸コバで仕上げてみました

先日、浅草に材料などを探しに行った時

いつものようにレンタル自転車を借りようと駅近の駐輪場に行くと



Can you speak English?


って外国人の方に質問されました。

(その方、「私は外国人です」って日本語でおっしゃってましたから。)




わたくし、もちろん英語は喋れませんので、


「えっ、ごめんなさい英語は喋れないです。」と日本語で答えました。



どうやら駐輪場の係員さんと意思疎通がうまくいかないようで

困っていたところにわたくしが参上したかたちのようです。




英語は喋れませんが、日本語はそこそこ使ってきましたので


その外国人の方のカタコトの日本語と、

僕のそこそこの日本語で問題解決に挑んでみました。


ふむふむ


要は、

「泊まっている宿で借りてきた自転車を駐輪場に預けて、地下鉄で六本木にいきたい。」

のですね。



駐輪場の係員さんとうまく話がかみ合わなかったのは


係員さんは、外国人の方が別の駐輪場で借りてきたレンタル自転車を、関係ないこの駐輪場に返却しようとしているって理解のしかただったようです。



外国人の方は普通に駐輪場として自転車を預けたいようですよ、と係員の方に説明して一件落着。



ニホンゴダケデ、モンダイカイケツデキマシタ









さてお仕事、今後のためにもいろいろ試してみたいことをちょっとずつやってみてます



マッケイの靴で全周丸コバというのをやってみました。




今回のは押縁はまわさず本底だけで丸コバを作りました。




○コバ.JPG
丸コバに必要な分だけ残して包丁で本底を切りまわします




○コバ (2).JPG
そうしましたらこんな状態で、包丁で大まかな形出しをして




○コバ (3).JPG
これ、面ヤスリです



○コバ (4).JPG
で、キワを均していきます



○コバ (5).JPG
続いて、丸面をきやすりで均します

○コバ (6).JPG
指をガイドにして甲革を傷つけないように


画像はマスキングしてありませんが通常はします


○コバ (7).JPG

コバは丸い形に均してしまえばあとは角コバと一緒の工程で



ここから更に、ガラス、サンドペーパーで仕上げていき





丸コバゴテでギュッとしめてやりますと

○コバ (8).JPG

いっちょあがり




担当 根岸
posted by sinando at 19:03| manufacture