2012年10月19日

ゴム底

「何だか最近疲れが抜けないなぁ」


なんて思いながら今朝、通勤のバスを降りました。


いつものバス停近くのコンビニに寄ってお昼御飯にと、


おにぎりとカップラーメンを持ってレジへ





「おにぎりの温めどうなさいますか?」


「いえ、結構です。」


「お箸はご利用ですか?」


「あ、お願いします。」




・・・・・




「あ〜、お腹すいた、そろそろお昼食べよっかね。」


「今日はカップラにおにぎりですから、まあいつものことで。」




「あれ?」


「箸入ってないじゃん、箸。」




「・・・。」





「・・・スプーン入ってた。」





この時期、そろそろ皆さん疲れが出てきてるんすかね。



それとも僕、何か気に障ることしたんでしょうか?



顔?





スプーンでは食べ辛かったです。







さて、久しぶりにゴム底仕様の底付けをしました



九分仕立てのゴム底仕様です



ゴム底.JPG

革底仕様と同様にすくい縫いまで済ませました




次は中物ですね

ゴム底 (2).JPG

中物まで進めたら、


ゴム底の場合はこの段階でウエルトを切りまわして


底の形状をほぼ決めてしまいます



革底の場合でも同様に進めて全然かまいませんけど




ゴム底 (3).JPG

切りまわし完了です




さあ、ここまで来たら後はゴム底を接着です



ゴム底 (4).JPG

ゴム底に接着剤を塗りまして


もちろん靴本体側にも塗っています



で、一旦乾かします



接着面がほぼ乾いたかなというタイミングで

ゴム底 (5).JPG

接着面を電熱器で温めます

ゴム底側も


温めることで一旦乾いた接着面に強い接着力が生まれます




で、くっつけますと

ゴム底 (6).JPG

まだゴム底側に余分なところがありますので



ゴム底 (7).JPG

包丁で切りまわします

コツをつかめば革底より楽ちん


ゴム底 (8).JPG

切れました




さあここからがゴム底の特別工程



包丁で切りまわしたゴム底は断面がガタガタでウエルトと合っていません



それをウエルトとぴったり綺麗に合わせ断面も整えていく作業



フィニッシャーを使ってゴム底をウエルトに合わせ削っていきます




ゴム底 (9).JPG

フィニッシャーに付けた粗めのペーパーです


こいつでゴムの断面を整えていきます




スイッチオン

ゴム底 (10).JPG

「おっかねえ」




最初はおっかなかったですよ、僕も



でも、これも道具ですから使いこなせないと




ゴム底 (11).JPG

ビャーっといきます


手元がくるうので撮影はここまで





慎重に削って

ゴム底 (12).JPG

綺麗になりました







後は出し縫いをかけてもらえばいいんですが


弊社の出し縫いミシンはパワー不足でなんとゴム底が縫えない。




なのでいつもお願いしているところで縫ってもらいました

ゴム底 (13).JPG

綺麗に縫ってもらえた、さすが





この後の工程はまだやってないので近日中に。





担当 根岸
posted by sinando at 19:05| manufacture